TOEIC L&R 2019年1月~8月振り返り

20191月から本格的に英語勉強を
始めて7ヶ月が経過しました。

定量的に進捗を測るために
TOEIC L&Rを定期的に受験。

最初は300点台という悲しいスタートでしたが、
6月テスト結果は600点を超え徐々にスコアが上がっています。

当初働きながら勉強するのは慣れず、辛いものがありました。
すぐYoutube見ちゃったり、漫画読んじゃったり汗

今はストレスもほぼなく自然に取り組めており、
習慣化してきたなーという状況。
ここまでの道のりは以下の通り。

・勉強時間
平日は時間が十分に作れないので
朝の出社前と帰宅後で勉強時間を確保。

僕の場合、夜にお酒を飲んでしまうと勉強ができず寝てしまうので、
飲み会がある日は別日にまとめて時間を作って補填。

仕事でなかなか時間が作れない時もありますが、
毎日
30分から1時間程度はなんとか勉強できています。

・勉強方法
文法・語彙・音読をメインに以下の通り勉強してきました。

中学英語も怪しいくらいに基礎がグラグラだったので文法復習から開始。
ある程度文法復習ができたら、語彙力を上げる為に単語暗記。

平行してTOEIC Listening&Readingの実戦問題をひたすら解いては
音読
(聴きながら発音やイントネーションを真似る)を繰り返しました。

・教材
『世界一わかりやすい英文法の授業』関正生
文法の復習はこちらを使いました。

この本が他の参考書と違うのは丸暗記中心の英文法を強要せず
一貫して心の底から納得できる説明をしてくれている所です。

名作・偉人の言葉を引用し、歴史や文化的背景も触れて
できるかぎりシンプルに文法の解説をしてくれています。

『TOEIC L&R  TEST出る単特急 金のフレーズ』 TEX加藤
著者がTOEICテストで出てきた
単語をコツコツ集めて
本にしているだけあり、テスト頻出の単語から習得できます。

TOEICテストでハイスコアを取っている方で単語学習は
この教材を使用している人が多いので使ってみました。

スタディサプリ ENGLISH TOEIC対策コース
TOEICテスト練習はスタディサプリを使用。
スマートフォンアプリなので
スキマ時間を使って
勉強できるし、寝転びながらでもできる。

また最も良い所はアプリ内の講座動画がよくできている所です。
設問ごとの対策、効率的な勉強法まで説明しているのですが、
担当しているのは関 正生先生(私が使っている文法教材の著者)。

この人の説明は本当に分かりやすくて、必要なポイントを
説明してくれており試験対策が効率的に行えます。

・英語レベル
今は反応は遅く表現もひどく限定的ですが最低限の
コミュケーションは取れるという感じ。

読みは簡単な内容をゆっくり読めるだけ。
(TOEIC600点はそんなものらしい)

引き続き聴解力×読解力を上げて実用的な
レベルまで精進せねばというところです。

・課題感
優先的に改善したいのは聞き取る力。
自分の聞き取る力を下げている原因は英語特有の「音の変化」。

英語の音の変化は大きく3つ。
①リエゾン
(音と音がつながる)、②リダクション(音の脱落)
③フラッピング
(語中の “t” が、[r] [d] のように発音される現象)

TOEICテストのpart14は聞き取り問題で
上記の音の変化を踏まえて内容を理解できてるかどうかがポイント。

次のTOEICテスト(9/29)では課題を
克服できるよう重点的に対策して
挑みます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です